×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Tポイントカード作り方は?

【Tポイントカードの作り方】

 

>>tカードプラスの発行はこちらから

 

 

2016年2月29日までにファミマTカードに入会し、カード発行日の翌月末日までに10,000円(税込)以上ご利用いただいた方へTポイント2,000ポイントプレゼント

 

>>ファミマTカード申し込みはこちらから

 

また、合わせてオススメしたいのが、年会費無料の2016年11月4日までに申込み+条件クリアで最大10,000Tポイントがもらえるキャンペーン中YJ Card。Tポイントがもらえるキャンペーンとして人気です!

 

 

18歳以上の方ならネットから申し込みできるファミマTカードが便利でしょう。

 

ポイントカードは、発行するお店で購入する「対象商品の割引セール」や「ポイント○倍セール」など、さまざまな特典を受けられることでも大変人気があります。
そのひとつ、Tポイントカードは加盟店・提携店が多く、ポイントが貯まりやすい、使いやすい、他社のポイントプログラムと交換しやすいなどでも注目されています。

 

Tポイントカードの作り方のコツは、まず、日常的に使うシーンを想定することです。
身近にある数多くの加盟店・提携店のなかから、サービスを利用する機会が多いお店を選んだほうが、よりお得になる場合もあります。

 

また、「クレジット機能」を付けるかどうかも、条件のひとつになります。
手持ちのTカードから「クレジット機能付きTカード(Tカードプラス)」への切替は、「T-SITE」から手続きができます。
将来、Tカードプラスに切替の可能性がある人は、「クレジット機能付きTカードに切替できるTカード発行店舗」を選ぶことがTポイントカードの作り方のコツです。

 

なお、「T-SITE」から新規のTカードを作ることもできますが、「クレジット機能付きTカード」のみになるようです。
そのため、「クレジット機能なし」のカードを希望する場合は、近くのTポイントカード加盟店・提携店の利用をお勧めします。  

 

Tポイントの交換

「Tポイントカード」の大きな魅力のひとつに、他社のポイントプログラムとの間で行う「Tポイントの交換」があります。
このサービスは、提携先企業のポイントプログラムで貯めたポイントをTポイントに交換できるもので、日常生活のなかで貯めたポイントを有効活用できることが可能です。

 

具体的な交換方法は、「T-SITE」に掲載されている「交換したい提携先」のなかから希望する提携先企業を選び、提携先サイトから手続きを行います。
そのとき、掲載されている主な「提携先名称」や「レート」を覚えておくと、ショッピングをはじめ、各種サービスを利用するときの参考になります。

 

なお、提携先企業のひとつ「ANA」は、TポイントとANAマイレージクラブのマイルとの「相互交換」もできるため、それぞれ貯めたポイントやマイルをさらにお得に活用できます。

 

ただし、一度交換手続きを行ったポイントやマイルは、元に戻すことができませんので注意が必要です。
また、会員番号を誤って入力したときなども、ポイントやマイルが正しく反映されない場合があるほか、元に戻すこともできませんので、こちらのほうも要注意です。

 

なお、Tポイント交換情報は変更されることもありますので、それに関する「お知らせ」が掲載されたときは、詳細を確認したうえでの利用をお勧めします。

Tポイントを貯める方法

 

スーパーや家電量販店などが独自で発行している「ポイントカード」は、日常の買い物に応じたポイント付与がなされ、知らないうちに貯まることが大きな魅力です。
そのため、ポイントカードがある店舗を選んで買い物をする人もいるくらい、大変身近な存在になっています。

 

「Tポイント」とは、全国各地のTポイント提携先、インターネットの提携先で利用できる「共通ポイント」のことをいいます。
Tカードがあると、それぞれ提携先の商品購入額やサービスの利用額に応じて、Tポイントを貯めることができるため大変お得です。

 

Tポイントをさらにお得に貯めるには、「クレジット機能付きTカード(Tカードプラス)」を作る方法、「T-SITE」でIDを作りネットショッピングに利用する方法などがあります。
また、車を持っている人は付帯カードとして「ETCカード」を作ると、高速道路通行料金支払いによるTポイントを貯めることができます。 

 

もちろん、身近にあるTポイント加盟店・提携店を積極的に利用することも大切で、エネオスSSでのガソリン給油などでTポイントを貯める方法も見逃せません。 
さらに、忘れてはならないのが、公共料金を「クレジット機能付きTカード」からの自動引落に変更する方法で、毎月の積み重ねによって、かなりお得感が味わえます。

ファミマtカードの発行はこちらjpcom tカードプラスの発行はこちらjpuscom ファミリーマートカード発行jpcom