×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Tポイントカード作り方は?

nanacoカードで公共料金を支払う

クレジットカードをもつ大きな魅力は、手持ちの現金が少なくても買い物ができることにありますが、それ以外にも、ポイントをためて使えるところに注目されています。
また、事前にチャージして現金代わりに使える「電子マネー」も登場、携帯電話にダウンロードして使える便利さも手伝い、利用者もどんどん増えています。

 

「nanacoカード」は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、全国各地に数多くの提携店があることからも、多くの人が注目している電子マネーの代表的存在です。
各店舗でポイント対象となる商品などの情報は、「nanacoサイト」から確認ができるため、お得にポイントをためることも可能です。

 

そのひとつ、セブンイレブンは全国展開する大手コンビニであり、「公共料金の代理受理サービス」も行っています。
ただし、このサービスはポイントの対象外となるため、nanacoカードで公共料金を支払うメリットは少ないと思われます。

 

ところが、「nanacoカードへのチャージ」がポイント付与対象になるクレジットカードからチャージすることで、「nanacoカードで公共料金を支払う」という理屈にもなるのです。

 

なお、初めてクレジットカードからチャージするときは「事前登録」が必要なため、公共料金の支払期日に余裕をもって登録することをお勧めします。